ハチの退治は専門知識を持ったプロに必ず依頼しよう

ハチの退治は専門知識を持ったプロに必ず依頼しよう

作業者
このエントリーをはてなブックマークに追加

ノミは業者に依頼して駆除

作業員

自宅でノミを見つけた時には、クリーニングから殺虫剤の散布までしてくれる専門のノミ駆除業者で駆除してもらうと安心です。また、駆除の依頼は電話やメール以外でもHP上から行うことができます。ノミの再発生防止のアドバイスを業者からもらうのもいいでしょう。

詳細へ

室内や車内に入ってきたら

作業員

慌てないことが大事です

スズメバチやアシナガバチなど刺されると危険なハチには気をつけなければなりませんが、家の中や車の中に入り込んでしまうことがあります。特に大型のハチが入ってくるとたいていの人は慌てて大騒ぎすることがありますがそれは逆効果です。大声を上げて騒ぎ立てるとハチが興奮し、攻撃してくることがあります。スズメバチやアシナガバチは数回針を刺してくるので、アレルギーによりアナフィラキシーショックに陥ることがあります。場合によっては命を落としてしまう可能性があるので気をつけて退治することです。まずは室内に入り込んだハチを見てもそっとしておくことです。初めは室内を飛んでいてもたいていは窓際で羽音を立てていることが多いのでその隙に退治しましょう。

落ち着いた行動を

ハチの習性として明るいところを好むので窓側に集まるので、部屋を暗くするのも一つの方法です。その際に部屋の窓を開けて逃げるのを待ちましょう。しかしなかなか室内から出て行かない場合や攻撃される恐れがある場合は、離れた場所から殺虫剤をかけて退治するようにしましょう。スズメバチが顎をカチカチ鳴らすときには威嚇のサインなので特に注意が必要です。室内よりももっと危険なのが車の中にいるときではないでしょうか。手で追い払うような仕草はハチの攻撃性を高めてしまいます。すべての窓を開け車内から追い出すか、駐車できそうな場所に止めドアを開けて外へ出て行くのを待ちましょう。ハチをむやみに退治しようとするのは逆効果になる場合もあるので気をつけましょう。もし、駆除をしたいと考えるなら、専門業者へ連絡するようにしましょう。

根本的に解決するなら

婦人

害虫駆除に効果のある薬剤などは、店頭でも販売されています。しかし、それを使って自分で駆除をするにしても限界があるでしょう。特に、卵が残っていると再発の原因となり厄介です。そうならないように、最初から害虫駆除の専門業者に依頼しておきましょう。ハウスクリーニングまで行なってくれるところもあります。

詳細へ

羽の生えたアリには注意

散布機を装備した人

日本の家屋は材料が木材が多いということと、湿気の多い環境からシロアリが好む生育環境になっています。シロアリ対策には日ごろからの心がけが一番大切です。風通しをよくし、忌蟻剤を数年ごとに使って蟻が住みにくい環境つくりをしましょう。

詳細へ