羽の生えたアリには注意|ハチの退治は専門知識を持ったプロに必ず依頼しよう

ハチの退治は専門知識を持ったプロに必ず依頼しよう

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

羽の生えたアリには注意

散布機を装備した人

木材家屋は格好のエサ

日本は多湿環境にあるため、シロアリが発生しやすい環境にあります。特にシロアリが発生しやすい家屋の特徴として、築数年が経過している、庭や家周辺に古い廃材が放置してある、木造建築であるといった特徴があります。これらの特徴はシロアリが好む環境です。シロアリはツガイを探す時は羽をはやし移動します。そしてツガイとなった場合、羽を落とし、その家に住み着くのです。もし羽の生えたアリをよく見かけるようになったら、一度シロアリを疑った方がいいかもしれません。また、シロアリの巣は光や風があまり当たらない地面の奥深くにあります。そこから家の柱を伝って侵入するため、気が付かないうちにシロアリが発生していたという場合もあります。シロアリが住み着いてしまう前に、対策をして寄せ付けないようにしましょう。

湿気が一番危ない

ではどうすればシロアリから家を守れるのでしょうか。シロアリは湿気を大変好みます。そのため、まず何より湿気を溜めにくい環境作りが一番の対策になります。廃材や物を置いたまま放置しない、家の基礎を高くして風通しをよくするといった対策を日ごろから心がけましょう。また、水回りは使用後に換気扇をすぐ回したり、空気の入れ替えを励行するようにします。また、蟻の通り道と思われる場所に忌蟻剤を数年ごとに撒くようにしましょう。忌蟻材の効果は約5年程と言われています。製品によって差はありますが、おおよそ5年を周期に薬剤の塗布をすることが通常になっています。日ごろから蟻が住みにくい環境を作るように対策を心がけましょう。